第3回 近畿支部研修会(日本神経生理検査研究会) 記録写真 2014.3.1

橋本修治先生(左),幸原伸夫先生(右)

                                                   和田晋一先生
研修会テキスト事前ダウンロードのページです(セキュリティ ロックあり)
 (参加者には案内とパスワードを配信中です)

予習をすればスッキリ理解できます(1ページ4枚カラー) 2014/2/26現在

日時:平成 26 年 3 月 1 日(土)13 時〜17 時

場所:神戸市立医療センター中央市民病院 1 階講堂

テーマ 【ゆるんだ頭脳を基礎からじっくり再教育!】

13:05〜14:15 講義1 (途中休憩挟みます)
1) [なぜ神経伝導検査をするのか?]
2) [F波でわかること]
    
幸原 伸夫 先生 (神戸市立医療センター中央市民病院 神経内科)

14:25〜15:15 講義2

 [考えよう顔面神経麻痺とENoG]
  和田 晋一 先生 (大阪医科大学中央検査部)

15:25〜16:45 講義3

 [目から鱗の神経電気生理学]
   〜 末梢神経電気刺激と活動電位発生を巡るパラドックス 〜
   橋本 修治先生 (天理よろづ相談所病院白川分院内科)